【株式会社クロコス様】数日かけて行っていた処理が1日2時間ほどに!社員のスキルアップにも繋がったロボット導入

株式会社クロコス様

商品・サービスを通して悩みを抱えていらっしゃる方に寄り添い、お客さまが毎日幸せであるようサポートするための商品を販売している株式会社クロコス様。今回は、自社通販サイトである「HAN.d 手と手を取り合って幸せな日々を。」で活用いただいているRPAロボットについて、担当の大西様、首藤様にお話を伺いました。

お申し込みが殺到した日は数日がかりで処理を行っていた

私達は施策としてお客様へ定期のシークレットコースのご案内を行っておりました。フルタイムの導入前は、お申し込みがあったお客様からのメールを確認し、カートシステムへ一件一件検索をかけにいき、元々お客様がお持ちの定期コースからシークレットコースへの切り替え処理を行っておりました。
メールマガジンを配信した日はレスポンス数がとても多く、一件一件確認しながらだととても時間がかかっていました。

当時は4名体制で、お申し込みが多い時は200件前後の件数を2日間かけて処理を行なっておりました。1日中この処理だけに集中してやることはできず、他業務も対応しつつ処理をしていたので残業も発生せざるを得ない状況でした。


▲ 現在導入中のシークレットコース切り替えロボットの処理フロー

仕様書作成も対応して頂きスムーズな進行ができました

導入までの流れなどはスムーズでしたね。アスニカさんに仕様書をしっかりと作って頂いたので、そこはすごく有り難かったです。大枠の手順書のようなものはお渡しするんですけれども、それをスクリーンショットで画像と言語化した状態で形にして頂いたのもあり、わかりやすく確認することができ、進行できたかなと思います。

ただ、開発が完了して本番稼働を行うまでのテスト稼働期間では、こちらでも想定していないケースが発生して不安になることはありました。ですがテスト稼働期間でそのようなケースも洗い出せたので、テスト期間にあらゆる注文パターンでテストを行うことが大事かなと思いました。

大幅な作業時間削減と社員のスキルアップにも効果が

2日かかっていたシークレットコース切り替えの処理が月曜の午前中には処理のチェックが終わるようになりました!作業時間の削減は大幅に実現することができました。

その分、お客様との一対一のメールに時間が割けるようになることができたりだとか、そういった人にしか対処ができない業務に集中して取り組めているのでロボットを導入して本当に良かったと思っています。

また、少し前までは、人がやるのが当たり前という感覚だったのですが、ロボットを導入してからは何か一つ新しい施策をやろうと思った時に、まずロボットで処理が可能なフローなのか、といったようにロボットありきで施策を考えるようになりましたね。

さらには、人件費の面でも変化がありました。以前はお客様対応のスタッフの採用を重点的に増やして人を入れていたのですが、採用枠を増やすことがなくなりました。その分、販促部門に人を割けるようになったり、あとはロボットではできないような仕事を任せることができるようになったので、人材育成という面でも以前よりスキルアップに貢献してもらっています。

事前にあらゆるパターンを想定してロボットに自動化をお願いしていきたい


今はお客様対応系の処理はだいぶ自動化することができたのですが、タイミングを見て、出荷処理業務をもう少しロボットで自動化できたらと考えているところです。

また、テスト稼働だけでは気付けなかった、ロボットを実稼働させてみて初めて認識するイレギュラーパターンはどうしても発生してしまいます。ですので今後、さらにロボットをお願いする際には双方が可能な限り、実稼働前にあらゆるパターンを想定して対応していければと思っております。


株式会社クロコス: https://hand-webshop.com/
2021年4月16日取材(内容は取材時のものです)


さらに詳しい事例を知る