ASPカートの標準機能ではできないことが、RPAで補完できる場合があります。その一つが「受注フォームの改修」と「カラー・サイズなどバリエーション振り分け」を行うロボットです。
複数ブランドを展開していたり、多数のモールに出店していると、売上データの集計にも時間がかかります。そこで売上集計作業を全て自動で行うロボットを活用いただいた事例ご紹介します。
複数のアフィリエイトの媒体に出稿していると、毎月の承認作業にも時間が取られてしまいます。そこで、あらかじめ設定した承認条件を元に、自動でOK、NG、保留などを判定するロボットをしてくれるロボットをご紹介します。
LTV向上のため、定期2回目から周期や個数を変えて送る施策を行う場合、カートの標準機能では対応できないこともあります。自動的に周期変更するロボットを使って、効率よく施策を運用することも可能です。