定期コースの変更ロボット注文や定期コースの変更・切り替えを自動化します

ロボット導入のメリット

LTV向上ために展開するアップセルやクロスセル、CRMなどの各種施策では、その成果と合わせてどれだけ手間なく効率良く運用できるかが重要です。運用の中で発生する定型作業はロボットに自動で処理させることで、高い成果を維持しつつ担当者の負担を軽減することができます。

 

ROBOT 01 商品コード・周期変更ロボット

単品リピート通販などの定期コースがある場合に、特定の商品で定期2回目以降の商品コードと周期変更を行います。例えば初回は30日周期→2回目以降は50日周期、初回は1個→2回目以降は3個セット、など施策の内容に合わせて対応可能です。

▼ 処理内容の一例

❶ ロボットが、変更対象となる注文データを毎日自動で取得。
❷ 2回目以降の商品コードと配送周期を変更し、メモ欄に変更内容を記載。
❸ 問い合わせ履歴に記載がある場合など、人の判断が必要なものだけをエラーとして残す。

 

ROBOT 02 プラン変更ロボット

アップセル施策の一つとして、購入後のサンクスページにアップセルのオファーを表示する方法がありますが、その場合アップセルが成功した際に「受注済みの初回注文をキャンセルする(または商品を入れ替える)」という作業が発生します。キャンセルや商品変更を忘れるとクレームにつながる恐れもあるため、ロボットで確実に処理を行うことで施策の運用効率を向上できます。

▼ 処理内容の一例

❶ アップセル注文が入った顧客の、過去の注文履歴を検索。
❷ 入れ替え商品が含まれる注文に、アップセル商品を追加し、入れ替え商品を削除。
❸ 必要に応じて、定期の配送サイクルや配送予定日なども変更。

 

 

 

このロボットに関する詳しい情報や、お見積もり、
導入についてのご相談などはこちら

お問い合わせ