複数のアフィリエイトの媒体に出稿していると、毎月の承認作業にも時間が取られてしまいます。そこで、あらかじめ設定した承認条件を元に、自動でOK、NG、保留などを判定するロボットをしてくれるロボットをご紹介します。
クロスセルが成功した場合、複数商品の発送を一つにまとめるために、同梱処理が発生します。同梱漏れがあるとクレームになる可能性もあるため、自動化することで効率よく施策運用している事例をご紹介します。
定期通販では、さまざまな理由で返品が発生し、WMS返品データが登録されますが、そこからカート上でのキャンセル処理については、人が手入力する必要があるため、ロボットでの自動処理に任せている企業が増えています。
LTV向上のため、定期2回目から周期や個数を変えて送る施策を行う場合、カートの標準機能では対応できないこともあります。自動的に周期変更するロボットを使って、効率よく施策を運用することも可能です。
キャンペーン特典などで、値引きやポイント付与などを行う際に発生する、注文情報の変更作業。件数が多いと手間がかかりますが、ロボットで自動化することが可能です。
プレゼント施策の対象条件が特殊な場合、カートの標準機能では対応できないこともあります。ロボットであれば、予めルールを決めておくことで対象者を抽出し、自動でプレゼントの注文作成も行うことができます。