WMSと連携した返品処理ロボット

こんにちは、アスニカ株式会社の坪山でございます。


今回は、WMSと連携して返品処理を99%自動化するロボットの導入事例をご紹介させていただきます!
​​​​皆さまのご参考になれば幸いです。


■こんな課題・悩みをお持ちの方へ

  • 業務時間を短縮したい
  • 作業内容を減らしたい
  • メール送信業務に時間を取られたくない

■このロボットできること

  • WMSから返品データをCSVでダウンロード
  • カートで対象の顧客の注文をキャンセル
  • ステータスの変更などを実行
  • 返品理由に合わせてメールテンプレートを顧客に送信

導入前の課題

  • 毎日、50件前後の返品が発生していた。WMSからのデータ取得、カートでの注文変更、メールでのご連絡など、

 1件1件の作業が長いため、一定の作業時間を確保しなくてはならなかった。

  • 作業時間に1時間ほどかかっていた。

導入後の成果

  • WMSから取得する顧客データは正確なため、99%の自動化を実現。
  • 電話連絡などで返品処理済のものだけエラーにしており、担当者はそのケースの確認作業のみ。
  • 返品における一連の作業の大幅な自動化で、他業務に時間を使えるようになった。

いかがでしたでしょうか?

返品作業に少なからず時間を取られているEC通販企業様は多く、今回の内容は当社がよく受けるご相談の一つです。
お悩みの方はぜひ、フルタイムに一度ご相談ください!

さらに詳しい事例を知る