配送番号の取込・発送完了メール送信

こんな課題がある方におすすめ
  • 倉庫での出荷が完了し、カートへの配送番号取り込みが終わるまでは帰れない
  • 注文数が少なくても、毎日必ず発生するため休みが取りづらい
  • カートシステムにインポートできるように、CSVデータの加工作業が必要
目次

\作業を自動化!/
RPAロボットを使った解決策

データの取得、加工、インポートなど、人の判断が必要ない作業はRPAでの自動化に適しています。
例えば下記のような流れで、現在の作業を自動化することが可能です。

RPAロボットの処理フロー
STEP
WMS(倉庫管理システム)や出荷管理システムから、配送番号が入った注文データを取得

ロボットを稼働させる時間は、1時間単位で自由に設定が可能です。
今回のケースであれば、17時〜、18時〜19時〜など、配送番号が登録された頃合いに自動実行するよう設定できます。

STEP
CSVを編集して、カートシステムにデータ取込できる項目に整形

発送番号と注文番号と発送日のみにする、並べ替えをする、なども可能です。

STEP
カートシステムへデータを取込、発送完了メールが送信される

\RPAでこれだけ削減・効率化できた!/
導入企業様の声

飲料系企業様

配送結果の取り込みが100%自動化できました!
人で行う作業時間は5分ほどに短縮できています。
夜中まで残っていなければいけない、という精神的な負担も軽減されましたし、お問い合わせの対応など、他の業務にも時間をしっかり使えるようになりました。

\ まだまだたくさん!導入事例あります! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる