定期継続顧客へのプレゼント施策

こんな課題がある方におすすめ
  • 累計の購入個数が規定値に達した方にプレゼントを送りたいが、お客様ごとに数える必要がある
  • 数種類のプレゼントの中からお客様が選んだものを同梱したいが、1件ずつの注文変更が大変
目次

\作業を自動化!/
RPAロボットを使った解決策

CASE 01 | 累計購入個数によってプレゼントを発送する場合

施策のポイント

「定期回数」ではなく「累計購入個数」によってプレゼントを付ける、LTV向上施策の一つ。例えば2個セット、3個セット、6個セットなど、同一商品でも構成実数が異なる定期コースが存在していたり、アップセル施策などで途中から定期コースが変わることが多い場合など、一律に定期継続回数で区切ってしまうとコースごとの継続率に差が出てしまうケースに効果的。

RPAロボットの処理フロー
STEP
カートシステムで、プレゼント対象となる商品コードを購入している顧客を検索
STEP
対象となる顧客IDを取得し、顧客ごとの累計購入個数をすべて数える
STEP
規定の個数以上購入している人に、プレゼントの0円注文を作成

過去のプレゼントの発送履歴の有無も確認し、すでに発送済みの方には二重で送られないようにできます。

CASE 02 | お客様に選んでいただいたプレゼントを同梱したい場合

施策のポイント

継続率を上げるために、規定の定期回数まで継続いただいたお客様に「選べるプレゼント」を送る施策。決められたものが送られるよりも、お客様自身が「選べる」「選んだ」形をとることで、規定の回数までは続ける、ブランドへの愛着が湧く、などの心理的な効果を狙ったものです。

RPAロボットの処理フロー
STEP
Googleフォームを使い、対象の顧客に希望のプレゼントを選んで申し込みしていただく

カート上の顧客情報と突合するため、「メールアドレス」「氏名」「電話番号」などの項目が必要です。

STEP
スプレッドシートから、申し込み内容を取得

記載された顧客情報のほか、選んだプレゼントの種類を取得します。

STEP
カートシステムで対象顧客を検索し、次回発送予定の注文にプレゼントを同梱する

複数回の申し込みをしている顧客がいる場合、2回目以降の申し込みは処理対象から除外されます。

STEP
お客様へメールを送信、スプレッドシートに処理の履歴を記載

\RPAでこれだけ削減・効率化できた!/
導入企業様の声

化粧品系企業様

選べるプレゼント施策は好評で、1日に100件近くのお申し込みをいただくことも。人で行っていた頃は、同梱処理に3~4時間以上かかっていましたが、RPAなら1時間程度で完了してくれるので、その間に他の仕事を進めることができるため、とても助かっています。

\ まだまだたくさん!導入事例あります! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる