名寄せロボット

こんな課題がある方におすすめ
  • お客様に最適なマーケティングや施策を行うために名寄せをしたいが、工数が足りずに後回しにしてしまっている
  • カートに重複管理機能がなく、顧客情報の整理を目視で対応するしかない
目次

\作業を自動化!/
RPAロボットを使った解決策

適切なマーケティング活動を行うには、整理された顧客情報が必要です。お客様情報の重複があることは分かっていても、顧客データが多く、人手が足りないため、対応できていない企業様も多いのではないでしょうか。

名寄せを行うことで、同一顧客に対して同じDMを複数送付するなどの不要な営業アプローチを無くし、お客様と良好な関係構築をしたり、購入履歴をまとめて管理できるため、最適なマーケティングができるようになります。

カートの仕様上、重複管理機能がある場合でも、その後の重複確定は手作業で行っているかと思いますが、RPAに条件を設定すれば、目視確認無しで名寄せを完了させることが可能です。
今回は、そんな名寄せに関するお悩みを解決してくれるRPAをご紹介します。

RPAロボットの処理フロー
STEP
重複管理機能で対象者を抽出
STEP
対象者に対して条件を設定し、重複確定を行う

・重複確定の条件は自由に設定することが可能です(例:氏名・電話番号・住所が一致など)

・重複管理機能がカートに無い場合、確定条件を元に絞り込んだIDでCSVデータ抽出するロボットを開発し、施策に活用することができます。

\RPAでこれだけ削減・効率化できた!/
導入企業様の声

食品企業様

毎日50件以上の重複顧客が発生していましたが、顧客データが数万件あり、対応しきれないため、後回しにしていました。

RPAが自動対応してくれることで、顧客情報が整理され、お客様に最適なご提案ができるようになりました。

\ まだまだたくさん!導入事例あります! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる