在庫集計・在庫予測

こんな課題がある方におすすめ
  • 在庫管理は発注担当者の勘に頼っており、過去に発注ミスが出たこともあるため、正確に在庫集計を行いたい
  • 既に在庫集計は行なっているが、1ヶ月後など未来の在庫数を正確に予測したい
目次

\作業を自動化!/
RPAロボットを使った解決策

膨大な在庫や在庫切れでお悩みの企業様はいらっしゃいませんか?在庫集計や発注をベテランの勘に頼っている企業様は多いかと思いますが、その場合、特定の方しか業務を行えず、その方が不在の場合は、業務自体が滞ってしまう危険性があります。

弊社では、過去30日の在庫数を集計し、未来の予測在庫数を計算するロボットを開発いたしました。過去の在庫数データをもとに、未来の在庫数予測を自動計算するため、ベテランの勘に頼らずとも、正確な発注を行うことが可能になります。今回は、工数を割かずに正確な在庫集計を行い、未来の発注個数を予測したいというご担当者様にぴったりのロボットをご紹介いたします。

RPAロボットの処理フロー
STEP
カートからデータを取得・集計し、過去の在庫数と未来の予測在庫数を入力
STEP
楽天から受注データを取得し、楽天の実績データを入力

・自社サイトのみでなく、出店しているモールから受注データを取得することが可能です

STEP
倉庫システムから、データを取得し、出荷後の在庫数を入力
STEP
OEM事業者との共同管理スプレッドシートからデータを取得し、入庫数を入力する

\RPAでこれだけ削減・効率化できた!/
導入企業様の声

日用品企業様

今までは月末にまとめて翌月の在庫数を予測し、発注を行なっていたため、在庫切れや発注忘れなどでお客様にご迷惑をお掛けしてしまうこともありました。

ロボット導入後は、集計の手間もなくなり、毎日情報が更新されるため、必要在庫を常に保有できており、非常に助かっています。

\ まだまだたくさん!導入事例あります! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる