お誕生日クーポン割引処理の自動化

こんな課題がある方におすすめ
  • 定期継続率アップのため、お誕生日クーポンを送付する施策を実施しているが、反響が大きく、割引対応に多くの工数を取られている
  • お誕生日クーポン割引施策を行いたいが、値引き処理対応に時間がかかるため、施策運用を躊躇している
目次

\作業を自動化!/
RPAロボットを使った解決策

近年、定期継続率向上のため、キャンペーンのひとつとして、お誕生日にクーポンを配布する施策が流行しています。今回ご紹介する事例は、メールでお誕生日クーポンの配布を行い、クーポン利用者の注文値引きを自動化するというものですが、他にもLINEや商品発送時にクーポンを同梱するなど様々な手法でキャンペーンを展開することが可能です。

キャンペーン施策を行ってみたいけれども、工数は増やしたくないと思っていらっしゃる方にピッタリのロボットをご紹介いたします。

RPAロボットの処理フロー
STEP
スプレッドシートからデータを読み込み

・Google Formからクーポン利用の申し込みをされたお客様の情報は、自動的にスプレッドシートに記載されていきます

STEP
対象の注文をカート内で検索
STEP
注文を編集し、割引を適用させる
STEP
スプレッドシートへ処理結果を反映させる

・クーポンの重複利用があった場合、対応ステータスは保留になるため、目視で状況を確認することが可能です

\RPAでこれだけ削減・効率化できた!/
導入企業様の声

食品企業様

お誕生日クーポンを配布するキャンペーン施策を行いたく、ロボットの導入を依頼しました。毎月80件程度の処理実績があり、人手で対応していたらかなりの工数増加になっていたので、初めからRPAを利用していて良かったです。

ロボットで自動化できる前提で施策運用を考えることで、様々な施策を気軽に試せるようになりました。

\ まだまだたくさん!導入事例あります! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる