後払い初回与信落ち受注作成ロボット

こんな課題がある方におすすめ
  • 後払いのリアルタイム与信を使っているが、お客様自身が与信落ちした事に気づいておらず、商品が届いていない等のクレームが出ている
  • リアルタイム与信で与信落ちした場合、カート側には情報が登録されないため、後払い決済の管理画面を確認する必要がある。代引きでの発送手配をするために、手作業で情報を抽出してカートで注文を作成しているが、件数が多いので解決したい
目次

\作業を自動化!/
RPAロボットを使った解決策

不正注文対策や、事務作業軽減のため、後払いのリアルタイム与信を導入されているEC定期通販企業様は多いかと思います。リアルタイム与信を使うことで、不正な注文や、審査が通らない注文をCVする前に除外することができるため、アフィリエイトなどの広告費削減にも効果があります。

一方で、リアルタイム与信を使うことで、代引きなど他の支払い方法であればお届けが可能なお客様を一定数逃してしまうというデメリットもあります。そのため、与信落ちしたお客様に関しても、別の支払い方法で注文を生成し、商品を発送する施策を行なっている企業様もいらっしゃいます。その場合、後払いの管理画面へログインして顧客情報を取得し、手作業で注文を新たに作成する必要があるため、かなりの工数がかかってしまいます。今回は、そんな課題を解決してくれるロボットをご紹介いたします。

RPAロボットの処理フロー
STEP
NP後払い管理画面にログイン
STEP
前日の与信NGの顧客データを抽出し、情報をダウンロードする
STEP
カートにデータをインポートできるように情報を形成し、アップロードする
STEP
カート側で支払い方法を代引きに変更し、新たに注文を生成

\RPAでこれだけ削減・効率化できた!/
導入企業様の声

化粧品企業様

毎日50件以上の与信落ち注文があり、全て手動で対応していました。
ロボット導入後はほぼ100%が自動化されたため、与信落ちした場合でも代引きに支払い方法を変更することで、お客様に商品を届ける事ができ、会社としても売り上げを確保できるようになりました。

\ まだまだたくさん!導入事例あります! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる