アウトバウンドで獲得したアップセル受注作成の自動化

こんな課題がある方におすすめ
  • コールセンターの外注を検討しているが、委託費用の高さが気になる
  • コールセンターの外注をしているが、カートシステム上での入力作業に時間がかかっており、もっとアップセル商品の営業そのものに注力してもらいたい
  • アウトバウンドで受注を獲得したにも関わらず、事務作業のミスにより、クレームが発生してしまうことがある
目次

\作業を自動化!/
RPAロボットを使った解決策

最近ではコロナウイルスの影響により営業メールの配信数が増え、メールマーケティングをしていてもお客様が実際に目にする機会は減少しています。そんな時代だからこそ、あえてアウトバウンドを活用し、お客様との接点を物理的に増やすことが、有効なアップセル施策のひとつとして挙げられます。

アウトバウンドは受注獲得後の手作業が多く、運用が大変だという声をよく耳にしますが、そんな不安を解消してくれるロボットを活用し、工数削減しつつミスが減ったという事例をご紹介します。

RPAロボットの処理フロー
STEP
アウトバウンドで獲得した受注情報をスプレッドシートに記載(人で行う作業)

「氏名」「電話番号」「商品コード」など最低限の情報があれば、顧客情報の抽出が可能です。

STEP
スプレッドシートから処理対象になる顧客情報を抽出
STEP
カートにログインし、対象の注文にアップセル商品を追加
STEP
変更完了のメールをお客様に送信

手作業だとミスの原因になりやすい「氏名」「発送予定日」「決済金額」など、
お客様の個別情報をロボットが自動で抽出し、メールを送ることができます。

全ての作業が完了した後に、STEP1、STEP2で参照しているスプレッドシートに、「作業完了」のフラグを立てることも可能なため、進捗をひと目で確認することができます。

\RPAでこれだけ削減・効率化できた!/
導入企業様の声

美容商品企業様

1日6時間以上かかっていた作業時間が1時間に短縮されました!
作業時間が減った分、違うブランドのアップセルも躊躇なく行うことができ、受注件数の増加に繋がりました。

入力ミスをしてはいけないという精神的なプレッシャーから解放され、アップセル営業に集中できています。

\ まだまだたくさん!導入事例あります! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる