コース変更ロボット

こんな課題がある方におすすめ
  • LTV向上のため、商品のバリエーションを(味、色、香り等)増やしたいが、作業工数が増加するため躊躇している
  • 複数の品揃えを展開しているが、お客様からの変更依頼が1日100件程度あるため、毎日の対応に数時間かかっている
目次

\作業を自動化!/
RPAロボットを使った解決策

定期商品のバリエーションを増やしてLTV向上を図ろうとする際、注文の変更作業などで社員の負担増加に繋がるため、施策の実行を躊躇してしまう企業様も多いのではないでしょうか。

実際に複数の選択肢を設けているEC定期通販では、お客様からすると、色んな種類の商品を試すことができて良いと好評の場合でも、社員からすると、変更対応に追われており、作業工数の増加に繋がってしまったというケースもあるかと思います。

ある企業様では、元々1つしかなかった商品の味を3つに増やすことでお客様満足度を向上し、売上に繋げていらっしゃいます。今回は、コース変更の自動化(味・香り・色など)ロボットをご紹介いたします。

RPAロボットの処理フロー
STEP
Google Formの問い合わせ情報がスプレッドシートに集計される
STEP
問い合わせ内容をスプレッドシートから取得する
STEP
カートにログインして、対象の顧客情報を検索

・どのような種類のカートでも、コース変更ロボットををご利用いただくことが可能です

STEP
定期コースの内容を変更する

・商品のバリエーション変更に加え、契約期間の変更など、まとめて変えても問題ないものに関しては、同時に対応させることが可能です

・今後、商品の種類が増えた場合でも対応させることが可能です
(例:A→Bなど一方のみでなく、B→Aの相互変更や、A→Cなど全く別物へ変更するなど自由に設定することができます)

STEP
変更後にメールを送信

\RPAでこれだけ削減・効率化できた!/
導入企業様の声

食品企業様

1日100件程度のコース変更依頼があるため、毎日作業に追われていましたが、ロボットのお陰で毎日数時間分の工数削減ができています。
手作業が減った分、ミスを気にせず仕事を進めることができるようになりました。

定期コース内での品揃え拡大をすることで注文が増え、顧客満足度向上にも繋がっています

\ まだまだたくさん!導入事例あります! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる