Futureshop連携ロボット

こんな課題がある方におすすめ
  • Futureshopを使っており受注件数が1日200件以上ある
  • Futureshopでの受注件数が多く、受注処理に時間がかかっている
目次

\作業を自動化!/
RPAロボットを使った解決策

Futureshopは知名度が高く、多くの企業でが利用されているECカートの一つです。受注処理については、1ページ200件のみしか表示されないため、1日に200件以上の注文がある企業様におかれましては、売上計上処理に毎日一定の時間がかかってしまっているかと思います。

受注処理はボタンを押すだけの作業ですが、処理に時間がかり、処理中は他の作業を行うこともできないため、ロボットで自動化されることをオススメいたします。

RPAロボットの処理フロー
STEP
Futureshopの管理画面を開き、未処理の注文を選択
STEP
決済種別で「クレジットカード」「Amazonpay」を選択して検索
STEP
表示された注文全件にチェックを入れる
STEP
「入金確認メールを送信する」にチェックを入れ、「注文を入金済みにする」ボタンをクリックする

\RPAでこれだけ削減・効率化できた!/
導入企業様の声

飲食企業様

毎日、受注処理に数時間取られていましたが、ロボットのお陰でほぼ100%自動化されました。
浮いた時間は他の作業に時間を使えるようになりました。

\ まだまだたくさん!導入事例あります! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる