受注生成ロボット

こんな課題がある方におすすめ
  • 定期受注の件数が多く、自動注文生成が遅れてしまっている
  • 受注生成の遅れにより事前の発送連絡が間に合わず、クレームになってしまっている
目次

\作業を自動化!/
RPAロボットを使った解決策

通常は発送予定日の7日前などに次回発送の注文が自動生成されますが、顧客数が十数万件など多い場合、カートの自動生成機能だけでは2~3日かかってしまい、事前発送連絡の遅延により、クレームが発生しているケースもあるかと思います。RPAロボットを導入して早めに受注生成を行うことで、トラブルをなくし、顧客満足度向上に繋げることが可能です。

RPAロボットの処理フロー
STEP
定期注文の状態をチェック(出荷済み、定期停止など対象外でないかを確認)
STEP
注文を生成する
STEP
注文作成のボタンを押す

・処理内容をスプレッドシートに残すこともできます

・受注件数が多く処理時間が長くなる場合は、複数のロボットを使って対応させることも可能です

\RPAでこれだけ削減・効率化できた!/
導入企業様の声

日用品企業様

1日約5000件の注文を生成する必要がありカートの自動生成処理だけでは終わらず、かといって人手でも対応できる量ではなく、困っていました。
ロボットを導入したことで、お客様からのクレームも無くなり、精神的な負担も減りました。

\ まだまだたくさん!導入事例あります! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる